交通事故と倍賞

普通に生活をしていても、突然遭遇してしまう可能性があるのが「交通事故」です。
自分が車の運転をしている際はもちろんのこと、ただ歩いている時でも事故に遭ってしまう可能性は十分にあります。
交通事故が発生した場合には、被害者と加害者の間に「倍賞」という問題が発生することになります。


ただ、初めて事故を起こした人、あるいは初めて事故にあった人は、この倍賞に関して正しい知識を持っていないことがあります。
そもそも一口に賠償といっても、交通事故における賠償というのはいくつかの種類に分類することができます。


まずは、車同士の事故である場合、被害者側が事故によって被った経済的被害を賠償請求することができます。
ただ、車同士の事故の場合には、完全にどちらかだけが悪い、ということはあまりありません。
両者に責任がある場合が多いため、その責任割合によって賠償の割合も変化することになります。
この認定が問題を大きくする可能性があります。


ただ、こういった損害については、損害額自体はある程度決まっています。
事故の損害賠償として大きな問題となるのが「慰謝料」としての損害賠償です。
慰謝料には2つの種類があります。
一つは通入院慰謝料で、もう一つは後遺障害慰謝料です。


前者については事故によって入院や通院を余儀なくされたことに対する慰謝料を指しており、後者は事故によって発生した後遺障害に対する慰謝料を指しています。
それぞれ、別の計算が行なわれます。

Copyright © 2014 交通事故と損害賠償 All Rights Reserved.